早起きのコツ・ヨガで考える早起きのメリット

先日アップした「早起きのコツ・なんで早起きがいいの?」

今回はヨガ的アーユルヴェーダ的にお話しますね。

アーユルヴェーダでは、時間も3つの自然エネルギーで分類しています。

t02200127_0400023012758311124

ヴァータは、風のエネルギーが優勢な性質をもちますので、ながれるように、軽やかな時間。

ピッタは、火のエネルギーが優勢な性質なので、行動的で、物事を噛み砕いて理解・消化しやすい時間。

カパは、土のエネルギーが高まるので、じっくりと取り組む穏やかな時間。

それぞれ朝と晩に2回ずつめぐって来ます。

さて、ご自分の起床時間をあてはめてみてください。

たいていの方は6時前後に起床なさるかな?

6時を境に、風の時間帯から土の時間に切り替わっています。

風と共に起き、活動する。

泥のように、眠る。

イメージはどうですか?

季節にもよって微妙にその時間は変わりますが、6時前後に起きるのがベストですね。

朝日とともに、風のように軽やかに寝どこから抜けだす。

6時から8時くらいまで、みずみずしい気持ちで(土には、水の要素が含まれています。砂、じゃないでしょ?)、穏やかに朝食を迎えましょう。

勉強や仕事が、エンジン全開になるのが10時頃の火の時間。積極的になり、頭の回転もよくなります。火は物事を燃やし消化するパワーを持ちますから。

14時頃、少し疲れを覚えて集中力が途切れやすくなります。「三時のおやつ♪」には、意味があるのですね。

18時からは、カパの時間。夕食を囲み、穏やかに一日を振り返り、その日の情報や経験を落とし込んでゆく時間です。

22時にはできれば睡眠に入りたいところ。夜のピッタ時間は、新陳代謝が行われる時間です。

26時(つまり2時)、ヴァータ時間に入り眠りが浅くなります。自然にお目覚めモードに変わってきています。

理想的な生活サイクルを行った場合、このようなパターンに近づいてくるのです。

私たちの自然な体のサイクルにあわせた生活を行うと、健康で幸せな日々を送ることができます。

一日の満足度も、当然上がって来ます。

今日はいい一日だったな。今日は大変な一日だったけど、なんとかやり過ごせたな。というようなおだやかな満足感。

ですが問題は「理想的な生活サイクル」を送れていないということなんですよね・・・。

ヨガは、「一歩一歩着実に歩みを進める」ことを大切にしています。

一足飛びに「朝五時起床!夜9時就寝!!」という厳格さはわたしたちを混乱させてストレスを与えます。

できることからすこしずつ。これが、早起きのコツ。

次回は、具体的なアイディアをお伝えしますね♪

おまけですが、マメ知識。

アーユルヴェーダでは日の出の90分ほど前に起床することを勧めています。

だいたい4時頃になりますね。夏はもうちょっと早くなっちゃうけど(汗)

月と太陽が同時に空に存在する時間帯は、ブラフマ・ムフールタ(神の時間)と言われているのです。

t02200220_0640064012688491196

心が純粋になり、瞑想するのに適した時間であるとされています。

実際、周囲が静まり返っており空気も澄んでいます。

ヨガや瞑想(内省)をするのに最適ですね。

夜の間に新陳代謝が行われ、新しく生まれ変わった偏見のない自分でいられることで、わたしたち自身もヨガや瞑想に向いた状態なのです。

わたしが4時に起きる(起きたい!)理由はそこにあります。