美容院でヘナ染めしても、染まりが悪くてという場合は

美容院でヘナ染めをしているのですが、染まらなくて・・・

白髪のおしゃれも素敵だけれど、仕事柄白髪を染めたいという女性からご質問を受けました。

「美容院でヘナカラーしているけれどちゃんと染まらなくて。ヘナはやっぱり染まりが悪いのかしら?」

いえいえ、そんなことはありません。

ヘナは、永久染毛。

白髪も黒髪も染めることができる天然のカラー剤です。

きちんと手順を踏めば、こんな風に白髪もきっちり染まりますよ。


美容院のヘナカラーより、自宅のセルフヘナの方がしっかり染まります。

そもそものお話・本来ヘナケアはヘアカラーではない

ヘナはカラーリング材として日本では親しまれていますが、本来はヘアカラーリング材ではありません。

アーユルヴェーダのトリートメントの一つで、頭皮から薬効成分を吸収して体内に溜まった老廃物や毒素(これを現代では排出しきれない化学物質と規定することもできますね)を排出するもの。



あるいは、インド古来から行われてきた魔除け、「ヘナタトゥー(メヘンディ)」



http://publicdomainq.net/mehndi-indian-bride-0001839/

その嬉しい副産物として、色が染まる効果を利用したのが「ヘナヘアカラー」なのです。

アーユルヴェーダリーラでは「頭部トリートメントとしてのヘナケア」を提供しています。

美容院のヘナカラーが染りにくい原因は

「美容院のヘナ、染まらない・・・」という大きな原因は、「塗布時間が短い」ということ。

ヘナをカラーリングとして利用するならば、最低1.5時間は髪の毛にヘナペーストを塗布したままにしてください。

一般的に使われるヘアカラー材(髪染め)と違って、ヘナの色素が髪の毛のなかの繊維に浸透する時間は緩やかです。

ヘアカラー剤は、化学薬品を使って浸透時間を短縮して色を染めますので、同じ時間ではヘナでは色がつきません。

アーユルヴェーダのヘナケアは、薬効成分を頭皮から吸収することが目的なので、3時間くらいはそのままヘナペーストを塗布しておきます。

その結果、しっかりと髪の毛が色づくことになるのです。

美容院は、お客様に2時間も3時間もただただ待っていただくことは難しいので、どうしても塗布時間が短くなります。

それが「美容院でヘナカラーをしたけれど、染まりが悪い」原因となります。

ヘナでセルフカラーリングする場合のコツ

ヘナでしっかり髪色を入れたい方は、むしろ自宅でのセルフヘナがおすすめです。

コツは3点。

①ヘナペーストを2,3時間塗布したままにする

②湿気を保つ

③温度を保つ

②、③は、髪の毛の表面にあるキューティクルを開いて、ヘナの色素を髪の毛の繊維に絡ませるため。

美容院で染まりにくい、でも市販のカラー剤は避けたいという方には、セルフヘナカラーをおすすめします。