インディゴだけでヘアトリートメントをしたらどうなるか

植物100%由来のヘアカラーとして、ナチュラル派に人気のヘナ。

インドやスリランカ、ネパールなどで愛用されています。

もちろんヨガ歴30年の私も、20歳の頃からヘナユーザーです。

普通のカラー剤と違って、地肌につけてもOKですし(といいますか、地肌にすりつけて薬効成分を頭皮から吸収させるのです)、家で簡単にできます。

でもみなさん、「ヘナってどうやって使ったらいいかわからない」って思っている方が多くて。

こちらのコラムでは、ヘナの使い方を解説しています。

<ヘナ関連記事目次>
ヘナってどんなもの?詳しく知って楽しく使おう

自宅でのヘナのやり方・手順

ヘナペーストの作り方

ヘナとインディゴの配合率・注意点

インディゴの配合量を多くしたら、どうなる?実験

ヘナの色味をダークにしたいとき、インディゴ(藍)を混ぜます。

私は「ヘナ100に対してインディゴは50までの配合でやってください」とお伝えしています。

これまで「インディゴの量を増やしたらどうなるの?」という疑問を持ったかたもいらっしゃるのでは?

今回、自分の頭で検証してみました。

インディゴだけでセルフヘアカラーの実験です。

結論・やはりインディゴはヘナの半量で

結論から言うと、インディゴを増やすことは、メリットよりデメリットが多いと言うこと。

ヘナケアをする場合、ヘナ:インディゴの基本配合はヘナ100g:インディゴ50gがベストです。

インディゴ100%でヘアトリートメントしたらどうなる?

インディゴパウダー100gに、アーユルヴェーダヘアオイル・ぬるま湯を加えたペーストで1時間ヘアトリートメントをしました。


<ビフォア>

1ヶ月半前にヘナ100%でトリートメントしたあと、だいぶ根元が白くなっている私の髪の毛です。


<アフター>

インディゴ100%で1時間ヘアトリートメントをしたあと


ヘナの効果でオレンジがかっていた髪の毛が、全体に色味がダークブラウンになっています。

ただし肝心な白髪部分はほぼ白髪のまま。

◯インディゴ100%で白髪染めはできないことがわかります。

◯また、1ヶ月半前のヘナ100%で染まった部分が、インディゴによってダークブラウンになることもわかりました。

インディゴ100%でトリートメントするメリット

ほぼありません。

インディゴ1100%でトリートメントするデメリット

◯塗りにくい
インディゴはヘナと違って粘性がありません。

水に溶かすとボソボソして髪の毛に塗りにくいです。

水分を多めにすると、今度は垂れてきます。

また、すぐに乾燥してしまいます。


◯頭皮がヒリヒリする
今回の実験で、一番問題だと感じたのがこの点。

インディゴペースト塗布5分ほどで、ピリピリ感を覚えました。

その後だんだんと頭皮が熱く、ヒリヒリしてきました。

実験ですので、その後も私は継続しましたが、ピリピリを感じた時点で洗い流してくださいね!

インディゴは植物アレルギーを起こす方は結構いらっしゃいます。

私が知る限り「天然のヘナを使ったのに、かぶれた」というケースは、ほぼインディゴが入っているものを使用した場合です。

今回頭皮が燃えるようなアレルギー反応を起こした私ですが、ヘナ:インディゴ=2:1でトリートメントした時は、かゆみもヒリヒリも一切ありません。

今回の実験で、

インディゴの量が増えると、アレルギー反応が強く出ること

ヘナの薬効が、インディゴのアレルギーを抑える効果があるのかも???ということ

がわかりました。

◯色が染まらない
インディゴ100%では、白髪はしっかり染まりません。

ほんのり色づく程度。

ヘナの色が入っている部分は、インディゴの作用で綺麗なダークブラウンに染まりました。

つまりインディゴがヘアカラーとして綺麗に発色するためには、ヘナの色素が欠かせないということがわかりました。

二段階のトリートメント法もあるようですね

1日目:ヘナ100%

2日め:インディゴ100%

と、二段構えでヘアケアするケースもあるようです。

私の所感としては、インディゴ100%のデメリットが強いので、やはりヘナ+インディゴで一回で済ませるヘナケアをお勧めします。

面倒ですしね(笑)